藍染、草木染、轆轤(ろくろ)工芸品販売を行う長野県小布施町の樹杢西脇
樹杢西脇トップページ
初めてのお客様へ
樹杢西脇の製品
茶筒
香合
唐辛子入れ
楊枝入れ
小物入れ
湯のみ・杯・ワイングラス
汁椀
茶さじ 急須台
木製アクセサリー
★樹杢 スタッフおすすめ★
藍染Tシャツ  【S〜LL】
藍染Tシャツ  【130サイズ】
楊柳綿
藍染前掛け
藍染エプロン
藍染、草木染女性服
手織り綿女性服
藍染、草木染男性服
帽子
手提げ・巾着
藍染のれん
藍染小物シリーズ
ご注文案内
特定商取引法
お手入れ注意について
掲示板
店舗案内・地図
木地師職人紹介
ご来店のお客様
おたより紹介
日々雑記
リンク集
お問合せ
Webからの受付は24時間!!
お電話のご質問は
Tel.026-247-5147
10:00〜17:00

樹杢西脇 JubokuNishiwaki
〒381-0201
長野県上高井郡
小布施町小布施476-2
 
 
 

職人紹介 木地師 西脇佳三  Yoshizou Nishiwaki
        (日本木地師学会会員・長野県木工工芸指導員)

樹の命と共に
人生にも仕事にも試行錯誤の 40 数年今ようやく先達の心や樹の叫びが私に語りかけてくるような思いがします。 まだまだ未熟者の私の道ははるかに遠いですが、今ある私の仕事と樹の声を少しでもご理解頂ければ幸いだと思います。
こだわり
当店の製品は先代から原木探しから始まりました。日本の木は勿論長野県を始め群馬県等の隣県の山々の樹木を山主と探し、職人自ら伐採してきました。毎年トラック数台分の銘木を用意します。でも年々樹齢のある大きな樹木も少なく桑、槐、梅はかなり減少し、黒柿に関しては幻といえるくらい無くなってきてしまいました。市場で購入してもかなり高価になってしまいます。ですから当店は先代から残していただいた原木を大事に使っています。何十年と丁寧に寝かし、四季折々を過ごしてきた原木からその時期を、木地師の手で見極めます。長年木を扱うものだけが知る木の声が聞こえるのでしょう。
経歴

1939   神奈川県横須賀市に生まれる
1962   二代目西脇高良に弟子入りする
       挽物ろくろ細工に従事
1988   新潟県創倉美術館 現代工芸展に出品
1989   米国サンバレーアートフェアに出展
1992   八十二銀行ギャラリー82にて個展
1993   第1回  日本挽物展出展
1994   第2回  日本挽物展出展
1996   金井書店ギャラリー作品展
1997   第3回  日本挽物展出展
1999   ながの東急  〜木地師三人展〜
2004   金井書店ギャラリー作品展
      第五回 日本挽物展出品
2009   第六回 日本挽物展出品
2010   第四一回 日本伝統工芸展出品
      山ノ内町長表彰
2011   長野県信州の名工県知事表彰
      信州ものづくりマイスター認証受ける
2013   第七回 日本挽物展出品
2014   第二十八回 日本煎茶工芸展入選

 
 ◆仕事風景  動画アルバム
 
 
 ◆仕事風景  写真アルバム
アクセス数:本日本日の来訪者数 昨日昨日の来訪者数
CopyRight©2004 JubokuNishiwaki