藍染、草木染、轆轤(ろくろ)工芸品販売を行う長野県小布施町の樹杢西脇
樹杢西脇トップページ
初めてのお客様へ
樹杢西脇の製品
ろくろ細工 限定品【new】
ろくろ細工 茶筒
ろくろ細工 茶がめ
ろくろ細工 香合
ろくろ細工 香合2
ろくろ細工 小物入れ【new】
ろくろ細工 汁椀
ろくろ細工 楊枝入れ
ろくろ細工 茶さじ急須台
藍染×夏生地
グラデーション.むら染め
前掛け・エプロン
割烹着
Tシャツ
トップス
ジャケット
パンツ・スカート
男性服
帽子
手提げ・巾着
藍染小物
ご注文案内
特定商取引法
お手入れ注意について
掲示板
店舗案内・地図
木地師職人紹介
ご来店のお客様
おたより紹介
日々雑記
リンク集
お問合せ
Webからの受付は24時間!!
お電話のご質問は
Tel.026-247-5147
10:00〜17:00

樹杢西脇 JubokuNishiwaki
〒381-0201
長野県上高井郡
小布施町小布施476-2
 
 
 

当店の製品は漆を塗らない木独自の木目を最大限に生かす木地仕上げとなっております。大事な木を山から伐採する時から木地師は木に感謝すると共にこの木を最大限に美しく生かそうという使命感になります。漆工芸はきらびやかな表の手仕事ですが、木地工芸は一見素朴で地味ですが、木が何十年、何百年生きたという証を伝える事の出来る仕事だと思っています。今も尚木地仕上げにこだわっているのは、木目の美しさ、木肌の感触、木が持つ本来の艶を求め長年愛用してくださる方がいるからです。

木地製品を長年愛用されている方は、木地の短所長所をご理解の上使われています。木地製品には漆加工のように汚れを防止し耐久性を備える丈夫さはありません。ですから汁椀、湯呑みなど使用後に洗わなければならない木製品に関しては拭漆で仕上げた方が実用的で耐久性を備え丈夫さが増す為、外側は拭漆仕上げになっています。(内側は木地仕上げ)その他の製品に関しては木目の美しさと木の感触温もりを感じ、経年変わっていく艶を楽しんで頂きたく木地仕上げになっています。蓋ものに関しては十分乾燥しておりますが、土地、気候風土によっては多少変わってくる場合などは随時調節いたします。また5年 10 年と世代を超えて使っていただけるようメンテナンスも行っていますのでご相談下さい。

 
写真左が新しい製品
写真左が新しい製品
 
※桑の湯呑み・御椀・ぐい飲み等

食器乾燥機、電子レンジ等使用しないで下さい。 たわし、クレンザー、漂白剤等使用しないで下さい。

 
二年位使用して戴くうちに内面が茶の成分で黒くなります。このようになりましたら、ふきんで乾くまで拭いて下さい。湯呑みにつやが出てきます。

右が10年使用した湯のみ。


その他、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
アクセス数:本日本日の来訪者数 昨日昨日の来訪者数
CopyRight©2004 JubokuNishiwaki